英語学習ブログ

【科学的な英会話の上達法】英語のスピーキングが上手くなる方法を言語学の専門家の大学教授が教えます!英語のレベル別に解説!

英語の上達法や指導法がわからない英語学習者は多い

「英語が話せるようになりたい」
「スピーキングをどのように上達させればいいかわからない」
「英会話の正しい指導法が知りたい」

こう言ったことでお悩みではありませんか?
実は、英会話、特にスピーキングを習得する方法や指導法について知識がなく、困っている方は多いです。これをうまく解決する方法は〇〇を見ることが重要です。それでは、その〇〇にとは一体何を指すのでしょうか?

スピーキングの上達法や指導法は”英語レベル”によって変える

言語学専門のデキキス・ジョー教授から、英語の指導法について、ご教示いただきました。筆者は英語の指導をするパーソナルトレーナーで、デキキス教授は、筆者の恩師です。デキキス先生は、「英語力を上げるのに一番重要な指導法は、英語学習者の課題と課題を解決するトレーニングをすること」だと常日頃からおっしゃています。英語学習者の現時点の英語レベルや課題によって、勉強すべき内容は変わるからです。デキキス先生は、日本人が英会話のスピーキング力を上達させるために、最も効果的な指導法をご教示してくださいましたので、以下にまとめます。

文脈に合わせた表現の指導は上級者のみ、中級者以下は文法の型のみを指導する

言語学の観点から、英語を指導するトレーナーは、英語学習者のレベルによって、間違いを指摘する範囲を決めることが重要です。学習者が英語上級者だと、文脈に合わせた英語が使えているかどうかを観察し、間違いがあった場合に、正しい表現を、都度、伝えることが重要です。しかし、学習者の英語レベルが、中級者以下の場合は、文法が合っていて、ネイティブに意味が伝わる英語だったら、指摘をするべきではありません。

例えば、「思考動詞」の指導法についてご紹介しましょう。

「思考動詞」は簡単に言うと、
I think that she is a liar.(彼女は嘘つきだと思う)のように
[that S(主語) V(動詞)]でスピーカーの思考している内容を伝える動詞です。

中級者以下の方は、基本的に、どんな文脈でもthinkを使わせてスピーキングをさせることが大事です。スピーキングをするのを恐れて話さなくなると、英語指導者も指導の仕様がないので、とにかく気持ちよく会話してもらうことが大事だからです。ただし、that SVの文法が、she are a liarのような、文法的に根本的な間違いをしている場合のみ、指摘します。

もし、学習者が「think whether SV」「think she are a liar.」基本的な接続詞や動詞などの文法の型に誤りが見られる場合、学習者に誤りを指摘することが重要です。英語学習者が「英語を話そう」とする姿勢を持ってもらいながら、型や文法の使い方で大きく間違えたものだけ、指摘をする指導法が重要です。

これに対して、上級レベルの英語学習者は、基本的なスピーキングの型が入っており、様々な文脈での使い分けが必要になってきます。think that SVと同じ型をとる思考動詞でも、下記のような使い分けができるよう適宜、指導していくことが重要です。

思考動詞の具体例

believe
ある程度自信を持って本当だと「思う」ことです。
think に比べ語調が強く、確証はないが本人がそう確信している場合に用いられます。

feel
何となく「思う」ことです。気持ちによる個人的な意見を控えめに言う場合に用いられます。

suppose
ある程度の知識に基づいて推測して「思う」ことです。
think より自己主張の軽い語で、その内容にはっきりとした確信がない場合に用いられます。guess に比べ、何かしらの根拠に基づいた推測であることを表します。

guess
根拠がなくなんとなく「思う」ことです。
suppose に比べ簡略的で口語的な語です。
think よりも控えめな表現として用いられます。

assume
基本的に推測することですが、特に「誤った思い込み(仮定)」という意味で用いられることが多いです。

上級レベルの英語学習者は、型を覚えるだけでなく、様々な文脈に適した表現を積極的に使っていくことで、スピーキングのレベルが上達します。

まとめ:受講生の英語レベルに合わせて効率的に英語力を伸ばすことが大事

このように、受講生のレベルに応じて、指導法を変えていくことが重要です。英語トレーナーの筆者は、初中級者の方には、ネイティブ視点で英文法や英語の論理を理解する「ネイティブ脳」の身につけ方、自然な英語の発音の仕方などを身につける「音声変化」のトレーニングを行います。それに対して、上級者の方には、プレゼン・ピッチの仕方、ニュースやビジネス会議、面接、日常会話など、文脈に応じた、適切な英語表現や「アメリカ英語とイギリス英語の違い」などを身につけるトレーニングをしています。受講生の課題やレベルにあったパーソナルトレーニングを提供することで、短期間で英語力がアップします。「ネイティブ脳」を身につけるトレーニングや、「音声変化」、「アメリカ英語とイギリス英語の違い」を下記の動画で解説していますので、是非、ご参照ください。

「ネイティブ脳」の解説動画はこちら↓

「音声変化」、アメリカ英語とイギリス英語の違い」の解説はこちら↓

【ライタープロフィール】


瀧内俊之(Toshiyuki Takiuchi)

関西学院大学で言語学、文化論について学ぶ。アメリカのエモリー大学で演劇科を専攻、プレゼンの手法、舞台演出について学ぶ。帰国後は、ビジネスシーンやハリウッド俳優の通訳、ドラマでの英語指導を担当し、俳優としても活動した。その後、ENGLISH COMPANYにて多数の受講生を指導し独立。ビジネス英語に特化した短期集中型英語パーソナルトレーニングジム「 The DooR(ザ・ドアー)」のパーソナルトレーナーとして、3カ月の指導で350点以上のTOEICのスコアアップの実績を持つ。世界時価総額TOP50以内にランクインする様々な米国企業への転職サポートに成功している。世界で活躍する起業家を育てる官公庁主催のGlobal Challengeの受講生に対し、1ヶ月の指導で、200組のうち、4組の選抜組に入賞させ、シリコンバレーで海外投資家へプレゼンをする権利を獲得させる。日本の俳優に対し、ハリウッド・ブロードウェイへの進出をサポートする英語指導も行っている。YouTubeチャンネルのトシ先生のハリウッド英会話【海外映画・ドラマ】で英語学習やプレゼンのノウハウについて配信中。

関連記事一覧