英語学習のコツ

学習法-正しいやり方-英語-科学-科学的根拠

その勉強の仕方はNG?科学的に正しい3つの勉強法

世の中には、間違った学習法があふれている

あなたは、学校で授業を受けた時、大事なところにマーカーで線を引いたり、テスト前に教科書を何度も読んだりした経験はありませんか?実は、この学習法は科学的に定着しないことが証明されています。

マーカーで線を引いたり、何度も教科書を読むと、とても勉強した気がします。これは、母語で教科書を読んだり、マーカーの線を引くことはとても簡単にできるからです。学習に流暢性【fluency】が生まれ、できているようになるぞと錯覚し、学習自体に集中力が向かなくなります。読むこと=理解していると学習者に間違った認識を与えます。

学習法を専門に研究しているケント州立大学の心理学准教授のJohn Dunlosky(ジョン・ダンロスキー)氏によると、マーカーに線を引いたり、参考書を読んだりだけした生徒がテストを行うとほとんど授業内容理解していないとお話しされています。

John Dunlosky ケント州立大学の心理学准教授のインタビュー

科学的に正しい3つの学習法

それでは、どのように学習すれば、身につくのでしょうか?まず前提として、正しい学習とは、学習した内容を理解、記憶し、定着化することです。これはもちろん、英語学習にも当てはまります。この理解と、記憶の定着を効率的に行う手法が、下記の3つです。

①スペーシング 学習内容を時間を分散させて行う。

これは、テスト前など1日で詰め込まず、2週間ほどに渡って学習を行うことです。記憶は、何度を繰り返し「忘れる⇨思い出す⇨忘れる⇨思い出す」と内容を思い出すことによって、強化され、長期に渡って保持できるからです。

②学習内容を要約する

これは、自分に学習した内容についてクイズすると良いです。内容の理解度を確かめることができます。一番良いのは、同じ授業やレッスンを受けた友人に説明することです。もし、理解に誤りがあった場合、友人からフィードバックがもらえます。

③自分の持っている知識と関連付ける

記憶は家の足場のようなものであり、元々持っている知識と関連づけて、足場を広げて、家をどんどん大きく組み立てていく性質を持っています。ですから、元々持っている知識と新しい知識を関連づけることが学習内容の理解を助け、長期的な記憶を可能にすることができます。皆さんもぜひ、新しい学習をするときは、上記のテクニックを使ってみてください。

【ライタープロフィール】


瀧内俊之(Toshiyuki Takiuchi)

関西学院大学で言語学、文化論について学ぶ。アメリカのエモリー大学で演劇科を専攻、プレゼンの手法、舞台演出について学ぶ。帰国後は、ビジネスシーンやハリウッド俳優の通訳、ドラマでの英語指導を担当し、俳優としても活動した。その後、ENGLISH COMPANYにて多数の受講生を指導し独立。ビジネス英語に特化した短期集中型英語パーソナルトレーニングジム「 The DooR(ザ・ドアー)」のパーソナルトレーナーとして、3カ月の指導で300点以上のTOEICのスコアアップの実績を持つ。世界で活躍する起業家を育てる福岡市主催のGlobal Challengeの受講生に対し、1ヶ月の指導で、200組のうち、4組の選抜組に入賞させ、シリコンバレーで海外投資家へプレゼンをする権利を獲得させる。日本の俳優に対し、ハリウッド・ブロードウェイへの進出をサポートする英語指導も行っている。YouTubeチャンネルの「Toshi’s English Gym」で英語学習やプレゼンのノウハウについて配信中。

関連記事一覧