英語学習のコツ

listening-英語-リスニング力アップ-英語学習

英語が聞こえないのは、〇〇を知らないから!学校で教えてくれない英語が聞ける「秘訣」とは?

英語が聞けない理由とは

TOEICやTOEFLなどでリスニングの問題を解いた後、解答を読んで、「流れたいたのは、こんなに簡単な文章だったのか!」と思ったことはありませんか?どうして、簡単な文章でもリスニングになるとできないのでしょうか?

リスニングは3段階のプロセスがある

私たちが英語を聞くとき、3つのプロセスを経て、内容を理解しています。

①音を聞いて捉える(音声知覚)→
②聞いた内容を理解する(意味理解)→
③短い間聞いた内容を覚えておく(短期記憶)」 ということです。

下記の図のように、私たちはリスニングで※ワーキングメモリというコップの水を使い、そのコップの水を「①音を聞いて捉え(音声知覚)→②聞いた内容を理解する(意味理解)→③短い間、聞いた内容を覚えておく(短期記憶)」 に振り分けています。

もし、「音の聞き取り」の部分が苦手だと、音声知覚で脳の認知資源(コップの水)をほとんど使ってしまって、「意味理解」に使う水が不足してしまいます。だから、リスニングをしても、何を言っているか全くわからないという状態になるのです。これは、流れてきた英語の文章の内容を理解する前に、音を頭の中で英語にするだけで手いっぱいになっている状態です。

※ワーキングメモリ (working memory:作業記憶,作動記憶) とは,短い時間に心の中で情報を保持し,同時に処理する能力のことを指します。会話や読み書き,計算などの基礎となる,私たちの日常生活や学習を支える重要な能力です。

そして、ほとんどの方は、英語の音声知覚の能力が足りずに、リスニングができません。つまり、リスニングの1番最初のステップでつまづいているということです。それはなぜでしょうか?

日本人が予想している音とネイティブが発音している音は異なる

その理由は、私たちが予想している音とネイティブが実際に発音している音が違うからです。

実は、ネイティブが英語を話すときには、言いやすいように音を省略したり、変化させたりして、私たちが学校で習うものとは違うような発音することがあるのですが、この変化のことを音声変化と言います。この音声変化を理解し、実際にご自身でも発音できるようにしていくことで、この部分のスキルは身に付いていきます。このスキルが身に付けば、英語の音を聞くことができるようになるし、正しい方法で練習を行うことで音を捉える音声知覚の能力が無意識にできるようになります(自動化)。これは、「今から英語を聞くぞ!」 と意識を向けなくても英語が自然と聞き取れるような状態です。

例えば、車の運転をするときと同じように、最初はブレーキを踏むタイミング、バックミラーやサイドミラーを見るタイミングなど、意識しないとうまくできません。しかし、しばらく運転を続けるうちに、こういった作業に慣れて、無意識にできるようになります。

リスニング力を上げるには、音声変化を身につけるトレーニングが重要

つまり英語のリスニング力を爆発的に上げるには、まず、音声変化を中心とした音声知覚の能力を上げ、自動化することが重要になります。音声変化を身につけるには、音を聞いて真似して追いかけるシャドーイングやリピート、または音読などのインプットのトレーニングが効果的です。音声変化については、下記の動画で詳しく解説しています。ぜひ、ご覧ください。

音声変化の解説動画

言語学の世界では、インプットのトレーニングを行う際は※「i+1」、つまり「自分のレベルよりも少しだけ高いレベルのインプット」を行うことが重要だと言われています。リスニングでいえば、全部聴き取れる教材は、レベルが低すぎて、あまり効果はありません。逆に、流れてくることがほとんどほとんどわからない教材はレベルが高すぎ、学習の効果があまり得られません。1度効いて5〜8割は理解できるぐらいの教材を選びましょう。分からない部分は、倍速を落としてリピートやシャドーイングをしたり、何度も音読をして、確実に聴き取れるようにしていくと学習の効果が高まります。

※「i」は、学習者の言語レベルを指し示します。そして、現時点の自分のレベルよりも、ほんの少しだけ難しい課題が「i+1」です。
ご自身のレベルに合ったトレーニングをして、リスニング力を飛躍的に上げましょう!

【ライタープロフィール】


瀧内俊之(Toshiyuki Takiuchi)

関西学院大学で言語学、文化論について学ぶ。アメリカのエモリー大学で演劇科を専攻、プレゼンの手法、舞台演出について学ぶ。帰国後は、ビジネスシーンやハリウッド俳優の通訳、ドラマでの英語指導を担当し、俳優としても活動した。その後、ENGLISH COMPANYにて多数の受講生を指導し独立。ビジネス英語に特化した短期集中型英語パーソナルトレーニングジム「 The DooR(ザ・ドアー)」のパーソナルトレーナーとして、3カ月の指導で300点以上のTOEICのスコアアップの実績を持つ。世界で活躍する起業家を育てる福岡市主催のGlobal Challengeの受講生に対し、1ヶ月の指導で、200組のうち、4組の選抜組に入賞させ、シリコンバレーで海外投資家へプレゼンをする権利を獲得させる。日本の俳優に対し、ハリウッド・ブロードウェイへの進出をサポートする英語指導も行っている。YouTubeチャンネルの「Toshi’s English Gym」で英語学習やプレゼンのノウハウについて配信中。

関連記事一覧