英語学習ブログ

英語のピッチ-プレゼンテーション-ピッチ

【プレゼンが失敗する理由】あなたのプレゼンが退屈なのはスライドのせい!聞き手が自分の話に集中する方法をプロが教えます!

プレゼンスキルはビジネスで必要

経営者が投資家に資金調達を募ったり、株主に今後のビジネス展開を説明したりと、プレゼンはビジネスパーソンにとって避けられない重要なイベントの一つです。近年、世界経済が拡大する中、ますますプレゼンの需要も拡大しています。しかし、

「プレゼンを見ていてつまらなかった。。。。」
「プレゼンをしたが、聞き手の反応が良くなかった。。。。」

というケースが非常人に多いです。残念ながら、日本人は外国人と比べて、プレゼンが下手な方が多いです。世界で仕事をするビジネスパーソンにおいて、これは、致命的な問題です。

プレゼンがうまくいかない理由

日本人のプレゼンがうまくいかない理由は、スライドに多くの情報を入れてしまうからです。プレゼンに不慣れな方のスライドを見ると、1枚読むだけで、数分かかってしまうようなことも多いです。こういったケースは、プレゼン初心者の方に多いのですが、スライドに自分が話すことを全て盛り込もうとしてしまいがちです。その理由は、プレゼンに不慣れな方が、スライドに話すことをたくさん載せると、聞き手にとって、話がわかりやすくなると誤解しているからです。

スライドに情報を載せすぎることは絶対にやめてください。なぜなら、必要以上の情報がスライドにあると、聞き手はスライドの内容を理解しようとして、話し手の話を全く聞かなくなってしまうからです。結果、聞き手はあなたのプレゼンテーションが退屈だと感じてしまうことでしょう。文字情報の多いスライドは聞き手の理解の邪魔になります。話を聞くと同時に、スライドの文章の理解をすることは聞き手にとって負担が大きすぎるのです。

聞き手はスライドではなく、あなたに話してほしい

逆に、聞き手が求めているのは、スライドに頼りすぎず、あなたが自分の言葉で話してくれることです。原稿をそのまま読み上げるプレゼンは誰がやってもつまらないです。スライドは、あくまでも、あなたの話を助ける道具にすぎません。出来るだけスライドの情報量を少なくし、聞き手が興味を持つようなスライドを心がけましょう。スライドは文章よりも、数字のデータ、図、写真など最低限の情報だけを見せることの方が有効です。なぜなら、聞き手はあなたの話に集中するからです。

例えば、労働者の自立性が仕事をする上で重要だと問題提起をする場面で、インストラクターの指示に従うイルカの画像を最初に見せて、「この写真は今日の話のテーマにまつわることです。何だと思いますか?」と質問してみると良いです。そして次のように、続けます。「実は、これは現代の我々の働き方なんですよ。上司(インストラクター)に言われたことだけをやる私(イルカ)の毎日。社会人の生活でこんな風に感じた経験はありませんか?」

そうすると、聞き手は息苦しい自分の労働環境を想像し、「確かに、その通りだな。なんとかこの環境を改善したいな。」と勝手に思考を巡らしてくれます。次に話し手、聞き手が今欲している労働環境の改善策や自立性を持つ働き方について話せばいいのです。

プレゼンは聞き手の好奇心をくすぐり続けることで成功する

このように、聞き手の好奇心を刺激するためにスライドは有効です。そして肝心の内容の説明は後で、言葉で行うのがポイントです。スライドに集中させるのか、それとも、話に集中させるのか、常に聞き手の視線を考慮してスライドと原稿を作るようにしましょう。上記の例はあくまで、スライドの使い方を説明をするために、少し極端なケースを挙げましたが、悪しからず。

プレゼンテーションやピッチにおけるスライドのように、人に何かを伝えるには、人の好奇心をくすぐることが非常に重要です。人は好奇心を持って初めて、あなたの話を聞こうと思ってくれるからです。生まれつきの美人やモデルのような外見がなくても、老若男女全ての方が使えるテクニックです。知っているだけで、あなたは、頭一つ抜きん出たスピーカーになれます。

実際に、私は英語の指導でも、度々このテクニックを使っています。また、受講生もこの手法を使い、投資家向けにシリコンバレーのプレゼンを成功させました。プレゼンをする際は、是非、このテクニックを使ってみましょう。

プレゼンテーションコースの受講生のインタビュー動画はこちら↓

【ライタープロフィール】


瀧内俊之(Toshiyuki Takiuchi)

関西学院大学で言語学、文化論について学ぶ。アメリカのエモリー大学で演劇科を専攻、プレゼンの手法、舞台演出について学ぶ。帰国後は、ビジネスシーンやハリウッド俳優の通訳、ドラマでの英語指導を担当し、俳優としても活動した。その後、ENGLISH COMPANYにて多数の受講生を指導し独立。ビジネス英語に特化した短期集中型英語パーソナルトレーニングジム「 The DooR(ザ・ドアー)」のパーソナルトレーナーとして、3カ月でTOEICスコアを375点アップした指導実績を持つ。世界時価総額TOP50以内にランクインする様々な米国企業への転職サポートに成功している。世界で活躍する起業家を育てる官公庁主催のGlobal Challengeの受講生に対し、1ヶ月の指導で、200組のうち、4組の選抜組に入賞させ、シリコンバレーで海外投資家へプレゼンをする権利を獲得させる。日本の俳優に対し、ハリウッド・ブロードウェイへの進出をサポートする英語指導も行っている。YouTubeチャンネルのトシ先生のハリウッド英会話【海外映画・ドラマ】で英語学習やプレゼンのノウハウについて配信中。

関連記事一覧