英語学習のコツ

英語のパーソナルトレーナー

英語習得のコツ-専属トレーナーのサポート(学習の習慣化)

英語学習で悩むあなたへ

「忙しくて英語学習する暇がない。」「英語を勉強しても、いつも数日で挫折する。」
あなたもこう思ったことはありませんか?このようなお悩みをお持ちの方は大変多いでしょう。

 

ビジネスパーソンは英語学習にかける時間がない

1日最低8時間を仕事に費やすビジネスマンが毎日多くの時間を英語学習に使うのは難しいです。ですから、途中で英語学習の挫折をしてしまったり、英語学習をする余力がないというのはもっともなご意見です。

そうは言っても、「海外出張まで時間がない」「取引先への英語のプレゼンテーションが迫っている」
という理由で仕事で必要に迫られて、なんとか無理にでも英語力を伸ばそうと短期集中型の英語スクールに通う方もいらっしゃいます。

ですが、基本的に、短期集中型スクールは無理矢理でも、毎日3時間の英語学習を必要としているところが多いです。控えめに言っても、多忙なビジネスマンが3時間の学習時間を継続的に確保することは非常に難しいと言えます。仮に、スクールに通っている間、学習を継続できたとしても、卒業してほとんど学習することがなくなった方は大勢います。仕事をしながら、3時間の学習を集中して行うことは、あまり現実的ではありません。

では、そのような忙しい方はどのように英語を学習すれば良いのでしょうか?

短期間で英語力を上げることが重要

それは、短時間で効率的な学習を毎日継続して行うことです。英語学習に極端な近道はありませんが、遠回りせず、最短距離で最速の英語学習をすることは可能です。

実際に、The DooRは結果を出すことにこだわりを持っており、受講生の期待以上の実績を出し続けています。受講生の声はこちらをご覧ください。受講生が求める結果が出る理由は、質の高いトレーニングはもちろん、パーソナルトレーナーが受講生の学習を効率化、習慣化するために日々のサポートを行うためです。

The DooRの専属トレーナーのサポート

①学習を効率化するトレーニングとアドバイス

The DooRのパーソナルトレーナーが受講生のレベルや課題に合わせて、受講生にとって最も効率的なパーソナルトレーニングを提供します。さらに、毎回のトレーニング後に、LINEで受講生の課題、課題を解決するホームトレーニング、効果的にトレーニングを行うアドバイスをお伝えすることで受講生は効果的な英語学習ができます。下記はアドバイスの一例です。

②習慣形成シートで毎日の学習を習慣化

習慣形成シートで受講生の日々のスケジュール(時間・場所・行動)を可視化し、スキマ時間を組み合わせ、1日60-90分の学習時間を確保します。生産性の高い自習のトレーニングを行うことで、確実に英語力を上げることができます。

③挫折しないマインドセットの構築

受講生が折れずに、学習を継続するためのマインドセットを構築するよう、トレーナがサポートします。スタンフォード大学の教授である心理学者のCarol Dweck(キャロル・ドウェック)博士の20年にわたる研究により、『才能などはどうにもならない』という思い込みが、人の限界を決めてしまう要因であり、適切な思考態度を持つことでそれらは伸ばしていくことが出来ると明らかにしました。

英語学習の継続-習慣-習慣化

博士は【Fixed Mindset (固定された思考態度) 】と、【Growth Mindset (成長する思考態度)】の2つに分けてこれをとらえています。

・【固定された思考態度】は能力とは先天的なもので努力によって改善しないと考え、やっていることの過程に意味を見出せないので努力ができません。
・【成長する思考態度】は自分の能力は生まれ持ったものではなく、伸ばすことができると考え過程に意味を見出せるので努力をし続けることができます。

学習が継続できない一番の理由は、「努力しても英語ができるようにならないのではないか?」という不安を感じる【固定された思考態度】のマインドセットになっているからです。挫折せずに、学習を継続するためには、【成長する思考態度】を身につけることが重要です。

大人は、「理解、判断、論理」などの認知能力が高まっているので、それを活かせば、英語を十分に習得できます。なぜなら、課題やトレーニングの目的を考えながら意識的な英語学習ができるからです。トレーニングの意義を理解し、繰り返すことで必ず英語力が向上します。

あなたが「努力しても、できないのではないか?」と不安になっても大丈夫!あなたのパーソナルトレーナーがトレーニングの意義と目的を説明し、確実に英語ができるようになる道筋を伝え、あなたが【成長する思考態度】のマインドセットを持てるようにサポートします。あなたは、「今まだできていないだけで、正しいトレーニングを継続すれば必ずできるようになる」と確信を持ち、挫折することなく、英語学習を継続することができます。

The DooRは「入り口」という意味です。受講生の目標、夢、成功への「入り口」になりたいという想いでThe DooRという名をつけました。私たちは、あなたが英語を身につけ、実現したいことを応援致します。

【ライタープロフィール】


瀧内俊之(Toshiyuki Takiuchi)

関西学院大学で言語学、文化論について学ぶ。アメリカのエモリー大学で演劇科を専攻、プレゼンの手法、舞台演出について学ぶ。帰国後は、ビジネスシーンやハリウッド俳優の通訳、ドラマでの英語指導を担当し、俳優としても活動した。その後、ENGLISH COMPANYにて多数の受講生を指導し独立。ビジネス英語に特化した短期集中型英語パーソナルトレーニングジム「 The DooR(ザ・ドアー)」のパーソナルトレーナーとして、3カ月の指導で300点以上のTOEICのスコアアップの実績を持つ。世界で活躍する起業家を育てる福岡市主催のGlobal Challengeの受講生に対し、1ヶ月の指導で、200組のうち、4組の選抜組に入賞させ、シリコンバレーで海外投資家へプレゼンをする権利を獲得させる。日本の俳優に対し、ハリウッド・ブロードウェイへの進出をサポートする英語指導も行っている。YouTubeチャンネルの「Toshi’s English Gym」で英語学習やプレゼンのノウハウについて配信中。

関連記事一覧