英語学習のコツ

英語-presentation-プレゼン-ピッチ

投資家へのプレゼンに大事なのは〇〇!英語コーチが教えるピッチの成功法則

プレゼンのやり方を知らない方は多い

「英語のプレゼンをどうやって行えばいいかわからない。。。」
「プレゼンは何を意識してつくればいいかわからない。。。」

こう言ったお悩みをお持ちではありませんか?海外で広報活動をされる方や取引先にサービスの紹介をする経営者の方は特に、このようなお悩みをも持っている方は少なくありません。また、最近は特に、東京、大阪、福岡を中心にスタートアップの起業家の方が投資家に向けてピッチを行う機会が増えてきています。ピッチという言葉にあまり馴染みのない方も多いのではないでしょうか?

国内で増えてきている「ピッチ」とは

ピッチとは、主にスタートアップが投資家などに対し自社の製品やサービスを紹介する際に行なう短時間(3-5分)のプレゼンのことです。

下記の図(2018年度の都道府県別の新設法人の人口対比率)のように、東京、大阪、福岡では、人口に対する起業件数が全国的に多いです。それに伴い、国内の3都市では、ピッチが盛んに行われています。スタートアップの経営者は国内だけでなく、海外で英語のピッチを行い、資金調達をするケースも珍しくありません。
2018年「全国新設法人動向」調査
通常、ビジネス上のプレゼンは特定の顧客へ行なわれることが多いのに対し、ピッチの場合は、初見の投資家や経営者などに対してなされることが多いです。また、ピッチは通常のプレゼンテーションに比べ、プレゼンできる時間が非常に短いことが特徴です。つまり、短時間で事業やプロダクトの良さを伝えることが必要になります。それでは、短時間で事業やプロダクトの良さを伝えるにはどうしたら良いでのでしょうか?それは、事業内容にあるキーワードとが入っていることが重要です。

ピッチの成功には「AI(人工知能)」が鍵になる

それは、ズバリ※AIとはArtificial Intelligence(人工知能)です。
※AIとはArtificial Intelligence(人工知能)の略です。人工知能の定義は、専門家の間でもまだ定まっていないのが現状です。さまざまな専門家がそれぞれの定義をしており、統一的な定義はありません。

下記の世界的総合コンサルティング会社・アクセンチュアの最新調査レポートによると、日本企業の経営幹部の77%(グローバル全体では75%)が、人工知能(AI)をビジネス全体に積極的に導入しなければ、2025年までに著しく業績が低下するリスクがあると考えていることが明らかになっています。AIを事業に組み込むと、投資家に資金調達をしてもらう上で大きなアドバンテージとなります。投資家はビジネスモデルのリスクや利益を敏感に見ているからです。

※参照リンク:https://www.accenture.com/AIBuiltToScale

ピッチで絶対にやってはいけないこと

時代の流れに合わせて、AI導入を検討することは非常に重要ですが、やってはいけないことがあります。それは、とりあえずAIという言葉をピッチの原稿に入れることです。これでは、ピッチ後のQ&Aの投資家からの質問で信頼を損なう結果になります。

投資家は、ピッチをしている経営者がどれだけAIの導入を真剣に考えているのかということを重要視しています。AIを事業やプロダクトに使うということであれば、最低限AIのチームメンバー、使用するビッグデータやアルゴリズム、AI導入の進捗状況まで説明できる必要があります。また、AIへの投資はかなりの時間と金額がかかるので、予測されるROIの説明もできるようにしておいた方が良いでしょう。

※ROIは「Return On Investment」の略称です。日本語では「投資収益率」や「投資利益率」とも呼ばれ、その投資でどれだけ利益を上げたのかを知ることのできる指標のことを指します。このROIの数値が高ければ高いほど、うまく投資ができているといえます。

このように、ピッチは自分の事業とプロダクトを投資家に売り込む為に行うのですが、事業の計画性や導入するテクノロジーの知識など、最低限の準備が大切です。構成がしっかりしたピッチだったのに、単に、流行りのテクノロジーの専門用語を入れて、Q&Aの質問で撃沈するというケースを私は何度も目にしています。

ピッチは信頼できるビジネスパートナーを見つける場

ピッチとは「①短時間で投資家の方に自分や事業、プロダクトのことについて知ってもらい、②投資家から信頼を得る入り口になる機会」です。資金調達に成功した起業家は、投資家と二人三脚で事業を拡大していくことになります。読者の方には、是非、②についても意識して、世の中をよりよくするサービスやプロダクトを広げるチャンスをつかんでいただければと思います。

【ライタープロフィール】


瀧内俊之(Toshiyuki Takiuchi)

関西学院大学で言語学、文化論について学ぶ。アメリカのエモリー大学で演劇科を専攻、プレゼンの手法、舞台演出について学ぶ。帰国後は、ビジネスシーンやハリウッド俳優の通訳、ドラマでの英語指導を担当し、俳優としても活動した。その後、ENGLISH COMPANYにて多数の受講生を指導し独立。ビジネス英語に特化した短期集中型英語パーソナルトレーニングジム「 The DooR(ザ・ドアー)」のパーソナルトレーナーとして、3カ月の指導で300点以上のTOEICのスコアアップの実績を持つ。世界で活躍する起業家を育てる福岡市主催のGlobal Challengeの受講生に対し、1ヶ月の指導で、200組のうち、4組の選抜組に入賞させ、シリコンバレーで海外投資家へプレゼンをする権利を獲得させる。日本の俳優に対し、ハリウッド・ブロードウェイへの進出をサポートする英語指導も行っている。YouTubeチャンネルの「Toshi’s English Gym」で英語学習やプレゼンのノウハウについて配信中。

関連記事一覧