英語学習のコツ

発音もリスニングも上達!目からウロコ?の英語学習法

日本人は中高に膨大な時間を英語学習に使うのに英語が話せない

「外国人に道を聞かれて困った。。。。?」
「中学・高校と6年間英語を勉強してきたのに、英語が話せない。。。。聞けない。。。。」
「頑張って英語を話したけど、全く通じなかった。。。。。」

こういったお悩みの方は少なくありません。私たちは、相当な時間を英語に費やしてきたのに、どうして英語でコミュニケーションがとれないのでしょうか?

英語が聞こえない理由は?

あなたは、「英語が聞こえないのは、ネイティブの話すスピードが速いからでしょう。」と考えることでしょう。確かにそれは、一理ありますが、英語が聞こえない主な原因は、他にあります。

日本人の予想している音≠ネイティブの発音

日本人のリスニングができない1番大きな理由はネイティブの発音の仕方を知らないからです。ネイティブは単語と単語が繋がると、音を落としたり、つなげたり、変えたりします。その発音の仕方を学校で習わないので、あなたの予想している音とネイティブの実際に発音している音にギャップが生まれ、英語が聞こえないという状態が発生します。

簡単な具体例をあげましょう。例えば、次の文章はどう発音しますか?

When did you arrive at Fukuoka? 「福岡にはいつ着いたの?」

おそらくあなたは、下記のような音になると予測をしたでしょう。
When did you arrive at Fukuoka?
(ウェン ディドゥ ユー アライブ アット フクオカ)

しかし実際に、ネイティブは、
When did you arrive at Fukuoka?
(ウェン ディジュ アライバッ フクオカ)と音を変えて発音します。

ネイティブは発音するときに音声変化を使っている

上記のように、単語と単語をつなげて、音を変えることを専門用語で「音声変化」と言います。これは英語だけでなく、日本語でも行われています。例えば、洗濯機を「せんたくき」と発音しませんよね?「せんたっき」と発音される方がほとんどだと思います。話し言葉は基本的に、ある程度楽をしてしゃべることができた方がコミュニケーションが円滑になるからです。

この音声変化を身につけると、英語が聞こえるようになるだけでなく、英語らしく発音ができるようになります。音声変化を身につけると英語らしい発音でかっこよく洋楽を歌えるようになります。さらに、ネイティブが実際に発音する音を知ることで、リスニング力が高まります。

音声変化のルールとは?

音声変化はランダムに行われるのではなく、ある一定のルールに基づき、行われています。それでは、音声変化のルールは何種類くらいあるのでしょうか?

「めちゃくちゃ数が多いんでしょ?」
「数が多くてきっと覚えられない。。。。」

そう思われた方もいらっしゃるかもしれません。実は、音声変化はたったの5種類しかありません。この5種類の音声変化を身につけることによって、あなたは発音とリスニング力の両方を上達させることができます。

5つの音声変化のルールの解説は下記の動画でまとめていますので、ご参照ください。

音声変化の解説教材

音声変化の解説動画

【ライタープロフィール】


瀧内俊之(Toshiyuki Takiuchi)

関西学院大学で言語学、文化論について学ぶ。アメリカのエモリー大学で演劇科を専攻、プレゼンの手法、舞台演出について学ぶ。帰国後は、ビジネスシーンやハリウッド俳優の通訳、ドラマでの英語指導を担当し、俳優としても活動した。その後、ENGLISH COMPANYにて多数の受講生を指導し独立。ビジネス英語に特化した短期集中型英語パーソナルトレーニングジム「 The DooR(ザ・ドアー)」のパーソナルトレーナーとして、3カ月の指導で300点以上のTOEICのスコアアップの実績を持つ。世界で活躍する起業家を育てる福岡市主催のGlobal Challengeの受講生に対し、1ヶ月の指導で、200組のうち、4組の選抜組に入賞させ、シリコンバレーで海外投資家へプレゼンをする権利を獲得させる。日本の俳優に対し、ハリウッド・ブロードウェイへの進出をサポートする英語指導も行っている。YouTubeチャンネルの「Toshi’s English Gym」で英語学習やプレゼンのノウハウについて配信中。

関連記事一覧