英語学習のコツ

英語-現在分詞-ネイティブ-学習

英語が自然と口から出る!「ネイティブ脳」を身につける英文法学習ー現在分詞

「ネイティブ脳」を持つと短期間で英文法が身に付く

「英文法って苦手だな。。。。」
「英文法の学習に、時間をかけずに英語を身につけたいな。。。。」

そう思われている方は多いです。3ヶ月で受講生のTOEICスコアを300点以上アップをさせてきた実績のあるパーソナルトレーナーが短時間で英文法を身につけ、英語が自然と口が出る「ネイティブ脳」を身につける方法についてお伝えします。

ネイティブは現在分詞をどんなイメージで使っているか?

今回は中学で習う現在分詞(ing)について、お話します。早速、現在分詞を含む次の例文を見てみましょう。

Tom is eating lunch with his friends. 「トムは友人達とランチを食べている」

あなたは中学や高校で「ingはーしていると訳しましょう。」と先生から教わったと思います。実は、これはかなりまずい理解の仕方です。次の文の意味内容はどうなりますか?

The car is stopping now.

もし、上記の解釈の仕方だと「車が今止まっている」という意味になります。実際に、パーソナルトレーニングで指導していると、9割以上の受講生がこのような訳を言います。しかし、これは間違いです。

ネイティブは現在分詞を動作の途中というイメージで使っている

ネイティブは現在分詞を動作の始まりから終わりまでの「動作の途中」というイメージで使っています。つまりstoppingは「動いている」始まりの状態から「止まる」までの終わりまでの動作の途中という意味です。ブレーキを踏んでて車のスピードを緩めているイメージですね。

The car is stopping now.「車は今止まりつつある」

というのが正解になります。日本語の「ーしている」は普段繰り返し行うことを指しているため、このような誤った理解をしてしまうのです。

ネイティブはbe動詞を「説明するよ!」の意味で使う

ネイティブはbe動詞を「説明するよ!」と考えています。これにより、あなたは下記のように、ネイティブと同じように、正しい意味内容で瞬時に英文を話すことができるようになります。

The car「車は」 is 「説明するよ!」 stopping now.「今止まりかけている」

また「ネイティブ脳」を身につけると返り読みがなくなり、英語を英語のまま理解できるので、最短最速で英語のインプット・アウトプットができるようになります。

マクドナルドの広告の現在分詞の使い方

私の同期である言語学専門の関西学院大学の今西准教授は、この現在分詞について、最近使われ方が変わってきているとお話しされていました。マクドナルドの広告でよく下記のフレーズを聞くようになりましたよね?

I’m loving it!「それを好きになりつつある」

「love」は愛するという状態動詞で本来、動作の始まりと終わりがありません。しかし、「ing」をつけることで一時的に好きになりかけている状態を表すことができます。「ing」が動作や一時的な状態の途中だというネイティブの思考が身につくと、マクドナルドの広告がおもしろい、キャッチーだとわかるようになります。

be動画と現在分詞の解説動画はこちら↓

The DooRでは、日本語と英語の構造や考え方の違いに精通しているパーソナルトレーナーがマンツーマンのパーソナルトレーニングで英語の指導を致します。時短で効果的に英語力をアップさせたい方は、お気軽にお問い合わせください。

【ライタープロフィール】


瀧内俊之(Toshiyuki Takiuchi)

関西学院大学で言語学、文化論について学ぶ。アメリカのエモリー大学で演劇科を専攻、プレゼンの手法、舞台演出について学ぶ。帰国後は、ビジネスシーンやハリウッド俳優の通訳、ドラマでの英語指導を担当し、俳優としても活動した。その後、ENGLISH COMPANYにて多数の受講生を指導し独立。ビジネス英語に特化した短期集中型英語パーソナルトレーニングジム「 The DooR(ザ・ドアー)」のパーソナルトレーナーとして、3カ月の指導で300点以上のTOEICのスコアアップの実績を持つ。世界で活躍する起業家を育てる福岡市主催のGlobal Challengeの受講生に対し、1ヶ月の指導で、200組のうち、4組の選抜組に入賞させ、シリコンバレーで海外投資家へプレゼンをする権利を獲得させる。日本の俳優に対し、ハリウッド・ブロードウェイへの進出をサポートする英語指導も行っている。YouTubeチャンネルの「Toshi’s English Gym」で英語学習やプレゼンのノウハウについて配信中。

関連記事一覧